28 35 時々50mm

大阪 通天閣界隈 12


撮影にご協力いただき、誠にありがとうございました。

ピンボケの言い訳を少し
最近、現像所が次々閉鎖される状態に、とうとう新品で持っていた#2 NEW F-1 を下ろすことにしました。
2台共フォーカシングスクリーンはSKの全面マットでして、広角レンズでのピント合わせに自信がありません。 汗);
何とかPLのクロススプリットを入手したので、勇んで撮影に出かけたのですが…
ライカの二重像合致式と、NEW F-1のスプリットイメージ式の似て非なる物に完敗でした。
練習せずに持ち出した自分が悪いのですが、クロススプリットはスナップに向かないと痛感しました。
通天閣界隈と南京街での撮影にピンボケが混じっています。 誠に申し訳ございません。
(調子が狂ったのか? LeicaM3やHEXAR RFにSummicron50mmの組み合わせでもピンボケが…)

PFの大口径マイクロプリズムを入手したのでリベンジだ~~~!   ←反省しろよwww

#2 New F-1 New FD28mm F2.0 Fuji 100


 
[PR]

by momoto0 | 2013-10-26 06:15 | Family(ファミリー) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://leicam4.exblog.jp/tb/18810965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iidacamera at 2013-10-26 15:59
NewF-1で5年ほど前、福岡の祖母のポートレイトを撮っていてピンボケ連発しました。
僕の場合は何の反省もせず、これからは大事な写真はデジタルでも撮ろうって決めました。(笑)

momoto0さんのお写真は被写体とのコミュニケーションをどうされてるのか、
っていうのがいちばん気になります。
Flickrの方も良い感じですね~。
Commented by momoto0 at 2013-10-26 23:43
 24や28mmでピンボケの山を築くとは思っていませんでした。 腕悪し

人物のスナップが撮りたいのですが、肖像権も尊重したいし… です。
被写体の方には、写真はこのブログから保存いただくように説明しています。

プロの方に烏滸がましいですが、大まかに撮影状態を分けると
・記念撮影を撮って差し上げて、こちらのカメラでも撮らせていただく。
・撮らせてくださいとお願いする。
・先に1枚撮ってから、撮らせてくださいとお願いする。(断られる確率大 涙;)
・キャンディッドで撮影する。
 (撮影した後もその場にしばらく居る、相手が気づいたら会釈するか説明する。
  サッと撮って逃げる人がいますが、気分を害しますので行いません。)

Flickrのフォローありがとうございます。 試運転中です。 笑);
Commented by iidacamera at 2013-10-28 11:00
詳細なご説明、ありがとうございます。
お声掛けして撮影するっていうのは、僕が雑誌社に努めていたころにいちばん苦手だったジャンルです。
かなりのパワーが必要ですよね~。
すごいと思います。

肖像権の話は難しいですね。
サッと撮って逃げたくなる気持ちもとても分かりますが、僕の場合はとにかく、
堂々と写真撮ってますよ~ってアピールしながら撮ってます。(笑)
嫌な顔された写真は使わないことにしてます。
人物を主体に写真撮影をするときは、お声掛けするしかありませんね。

引き続きFlickrの方も楽しみにしてます~。
Commented by tajiri8jp at 2013-10-28 13:30
拝見している自分のメガネの度があっていないのかと思いました(笑)。
Commented by momoto0 at 2013-10-28 23:20
 こんばんは、iidacamera さん
初対面の方に声を掛けるのは誰でも苦手だと思います。
サッと撮って走って逃げると一番怪しいのですがね~
追いかけられるのを見たことがあります。 爆);

Flickr 撮影させていただいた方の名前で検索すると見つかりました。
Facebookを含め、肖像権以上の個人情報を自ら発信している~
便利なような、不便なような
Commented by momoto0 at 2013-10-28 23:25
 こんばんは、tajiri8jp さん
どうも眼科にご厄介にならないといけなくなったのかな~?
クロススプリットはスプリットの半分でピント合わせするみたいです。 涙);
<< 大阪 通天閣界隈 13 神戸 阪急三宮高架下 キッチン池 >>